原曲を聴こう(01)十番街の殺人(Slaughter on Tenth Avenue)

団塊の世代ならこの曲を知らない人はいないでしょう。私も中学生のときにこれのシングル盤を聴いて衝撃を受けました。イントロに入るディミニッシュ・コードの怪しい雰囲気がとても印象的です。また、D-C-D♭と「次は何が起こるんだろう」と思わせるような転調も最高ですね。ベンチャーズのオリジナル曲といっても過言ではないような名曲中の名曲だと思います。

原曲は、リチャード・ロジャースとローレンツ・ハートが書いたミュージカル、オン・ユア・トゥーズ(On Your Toes)の中の曲だそうです。ベンチャーズとは雰囲気がまったく違いますね。

ところで、このベンチャーズの「十番街の殺人」、一体どなたがアレンジしたのでしょうね。