原曲を聴こう(02)パイプライン(Pipeline)

よくベンチャーズの曲と間違われるが、実はシャンティズ(The Chantays(1962))の曲。ベンチャーズは1964年にアレンジ・カバーしている。この曲の特徴は、何と言っても「テケテケサウンド(高ポジションからオルタネイトピッキングを開始し、弾きながら低ポジションへスライドさせるトレモロ・グリッサンド)」。この「テケテケ」がベンチャーズの代名詞みたいなものですね。

1962年に録音されたシャンティズのパイプラインは、何故かリードギターとドラムの音量が小さくてあまり目立たないですね。故意にそのようにしたのでしょうか?